ステーキ料理美味レシピ

セールのステーキ肉や硬いお肉のおいしい調理法

まず牛肉をトレーなどに広げ
薄切りリンゴをまんべんなくのせて
赤ワインをかけ、約30分おいて調理する。


とんかつ肉なら、ビールを少し繰り回してふりかけ、
20〜30分おくと、柔らかくなって、風味が増します。


パインジュースに浸してもおいしい。


何かと出費がかさむ今日この頃、
少しでも安いものを購入し、おいしくいただけたら
いいですね。


ステーキ料理美味レシピ

ステーキソースの作り方

料理【ステーキ美味レシピ】


ステーキソースレシピ

ステーキにソースは欠かせないもの。
これどうやって作ってますか?


ソースを作るときは、ステーキを焼き上げたフライパンでして下さい。
そうしないとせっかくの肉の旨みを活かせなくなってしまいます。

フライパンに脂が出すぎているときは、いったん脂を捨てます。

そこに赤ワインを加えて、フライパンの表面についた旨みを
木杓子でこそげ落としながら、赤ワインに溶け込ましめていく。

煮詰まりすぐるようなら、水、あるいはブイヨンを加えて
ひと煮立ちさせれば、本格的なステーキソースが出来上がります。


料理【ステーキ美味レシピ】

ステーキ料理美味レシピ

ステーキ肉に塩を振るタイミング

料理【ステーキ美味レシピ】


なんでもそうですが、味付けに塩コショウをふりますが、
これは、料理する直前に振るほうがいいのです。

それか焼きながら振ること。


なぜなら、塩には脱水作用がありますから、
塩を振れば、肉の水分と一緒に旨みまで出てしまうからです。


これはステーキ料理に限ったことではありません。
鶏肉然り、豚肉然りです。


レシピどおりに作っても、この順番が間違っていれば、

料理はおいしくないものになってしまいます。


塩は、焼く直前か、焼きながらです。


料理【ステーキ美味レシピ】

ステーキ料理美味レシピ

ステーキ肉はたたかずに

料理【ステーキ美味レシピ】


ステーキ肉を柔らかくするために、たたく人がいますが、
あれはやめたほうがいいでしょう。


ステーキ料理の基礎を理解していないとそういうことになるんでしょうね。
ステーキ肉の旨みは、繊維の中にあります。
繊維をたたけば、旨みや肉汁が逃げ出す恐れがあるのです。


だから、硬い肉であってもたたかずに料理しましょう。
柔らかくする方法は、このブログでもご紹介しました。

パパイヤやキウイなどをすりおろしたものを生肉につけて30分ほどおくだけで
柔らかくなるんです。


レシピというより、料理法、調理法ですね。
いろいろな方法を使って、肉料理をおいしく楽しみましょう。

料理【ステーキ美味レシピ】

ステーキ料理美味レシピ

ステーキ肉は室温にもどしてから・・・

料理【ステーキ美味レシピ】


ステーキ料理は焼き方が基本と申します。
焼き方がまずければ、ステーキ料理は台無しになってきます。


厚さセンチのステーキ肉を焼くとき、中まで火を通そうとすると
時間がかかります。


冷蔵庫から出してすぐに焼くと、表面ばっかり焦げてしまい
中はまだ冷たいってこともあるでしょう。


だからステーキ肉を焼く場合は、室温にもよりますが、
約30分ほど前に冷蔵庫から出し、室温に戻しておくことが大事です。


料理のレシピも大事ですが、料理法、調理法によって
その料理の味が大分変わってくるんですね。


料理【ステーキ美味レシピ】

ステーキ料理美味レシピ

ステーキ肉の選び方

料理【ステーキ美味レシピ】


ステーキ料理は焼き方が基本です。
まず強火で表面に焼き色がつくまで焼いてしまう。


これは、旨みを中に閉じ込めてしまうためです。


でもステーキの厚さが薄ければ、あっという間に
火が中まで通ってしまい、旨みや肉汁が出てしまうのです。


だから、ステーキを選ぶときは、同じ200gのステーキでも
厚さ1センチのものより2センチのステーキにしたほうがいいでしょう。


レシピというより、料理法により料理のうまさが変わってくるんですね。



料理【ステーキ美味レシピ】


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。