肉料理美味レシピ

鶏肉には日本酒

鶏肉は痛みやすいので、すぐ料理しないのなら、
日本酒をふりかけて保存しましょう。

長持ちし、しかも味も良くなるので一石二鳥です。

鶏の酒蒸しもおすすめです。

日本酒と塩を軽く振りかけ、耐熱容器に入れて
電子レンジでチンするだけです。

鶏肉に日本酒、是非お試し下さい。



肉料理美味レシピ

硬い肉が柔らかくなる裏技

お肉はやわらかい方がいい。
そりゃそうですわね。

でも安物の肉ほどかたい!
何とかならないか。

ありました。
調理方法が、伊東家の食卓で紹介されてました。


やり方はこうです。
まず口が密閉できるポリ袋にお肉を入れます。

そこに大根おろしの汁を肉が浸るくらい入れ、
軽くお肉を揉んで30分置きます。

その後、普通に焼くと・・・とっても柔らかくなるんです。

どれくらい柔らかくなったのか、食品の柔らかさを測定する
機械で検査してみたところ、普通に焼いた豚肉よりも裏ワザ
で焼いた豚肉の方が2倍も柔らかくなっていたのです。

そもそも焼いたお肉が固くなるのは、タンパク質が熱によって
固く締まるから。
ところが、大根おろしの汁に浸すと、大根のプロテアーゼが
タンパク質を分解してくれるので、焼いた時、お肉が固くなら
なかったのです。

実験したところ、固くなりがちな豚肉はもちろん、牛肉も同様に
柔らかくすることができました。


肉料理美味レシピ

硬い肉をやわらかく頂く方法

肉質の硬そうな牛肉を美味しく食べる方法があります。


なるべくかたまりのまま、肉のまわりを強火で
焦げ目がつくまで炒めます。


肉のうまみが逃げないように手早く!


次に濃く入れた紅茶を、肉がつかるくらいに注ぎ
弱火でじっくり煮込みますと、とろけるほどやわらかくなります。

肉料理美味レシピ

安物の肉を、残りビールでおいしく頂く方法

料理【安物の肉を、残りビールでおいしく頂く方法】


飲み残しのビールで、安物の肉をおいしい肉に変身させる方法を
ご存知ですか?


牛でも豚でも何でも結構、ビールには肉を柔らかくし、味にコクを出す作用があるのです。


本場ドイツでは、、わざわざそのためにビールを飲み残す人もあるくらいですから・・・


やり方ですが、ビールの風味にはタマネギが合うので、最初にサラダ油でタマネギ、
ニンニクをよく炒めてから、塩コショウした肉300gを入れること。


そして普通ならスープストックを入れるところを、代わりにビールをコップ1〜2杯分をいれ、
固形スープ1個と隠し味に砂糖少々いれて、あとは煮汁がなくなるまで煮込みます。


味見して、塩コショウ、しょう油などで味を調えれば完成です。


試しにやってみてください。



料理

肉料理美味レシピ

すっごい美味しい安い肉

料理【肉料理美味レシピ】


これはレシピではありません。

料理といえば料理なんですが、ただ焼くだけなんです。

そう、お気づきですね。
バーベキューです。


でもバーベキューの肉は美味しくなければ意味がないし、
でもちょっと食べ過ぎる傾向にあるから、安くないといけませんよね。


で、すごい安い肉を発見したんです。
内容はこうです。

■内容量・・・華咲きカルビ:400g×4パック、華咲きハラミ:400g×6パック 合計4.0kg、ハサミ付き

■使用材料・・・オーストラリア産牛肉(前バラ肉)、オーストラリア産牛内臓肉(ハラミ肉)

これだけの肉で、なんと、10,500円(税込)プラス送料987円(税込)というからすごい。

この肉は、Jリーガー、プロ野球選手も来店!!大阪・有名店の人気メニュー!!大阪の超人気店「亀山社中」の焼き肉


【毎日★激安】 トーカ堂 北さんの食品市場

ここをクリックして、開いた画面中央の、牛肉と書かれているところをクリックすると
この安くて美味しい肉が購入できます。


近々バーベキューをする人、お見逃しなく!


料理【肉料理美味レシピ】

肉料理美味レシピ

輸入牛肉を柔らかくする下ごしらえレシピ

料理【肉料理美味レシピ】


輸入牛肉の下ごしらえレシピ


輸入牛肉は、安くておいしいが、多少赤身が多いため
固いのが玉に瑕ですね。


でもこの固い輸入牛肉を、裏技を使って、柔らかくおいしい牛肉に
仕上げる下ごしらえレシピがあるんですよ。


輸入牛肉を買ってきたら、それをパパイヤか梨の長十郎、
キウイ、生のパイナップルのうち、どれでもいい、すりおろして
その果肉を輸入牛肉につけるのです。


するとどうなるかといいますと、果物に含まれるパパイン
プロアーゼなどの酵素が肉のたんぱく質を分解してくれるのです。

30分ほどおくと、箸で切れるくらいにまで肉が柔らかくなります。

しかも果物の甘みが浸透していますから、肉がより一層おいしく
なるっていう妙法です。

是非この下ごしらえレシピを試してみて下さい。 でもどうしても手っ取り早く、肉を柔らかくしたい方は、
こちらのミートソフターをどうぞ。


料理【肉料理美味レシピ】

肉料理美味レシピ

料理の前の下ごしらえレシピ レバー編

料理【肉料理美味レシピ】


料理はなんといっても下ごしらえが大事です。
ちょっとした工夫で、臭みが消えたり、肉が柔らかくなったりするものです。



レシピも大事だけれども、肉料理にはこの下ごしらえははずせないですね〜。


まずはレバーから。


私はちなみにこのレバーが大嫌いでね。
どうもあの舌触りと臭みが合わないんです。


でもこの方法で、下ごしらえをしたなら
ひょっとしたら食べられるかもしれませんね。


レバーの臭みを抜く方法

1.流水に5分以上さらす
2.牛乳に浸ける

ここまでは、皆が知っている臭みを取る方法ですが、
ここからは、レバーの味を引き上げる方法です。


その方法とは、レバーをパイナップルの缶詰に入っている
汁につけるのです。


流水で臭みを洗い流したら、この汁をレバーひたひたに
浸けるのです。
これを冷蔵庫で半日おいてから、片栗粉でまぶして
から揚げにすれば、大変おいしくなります。


なんか、下ごしらえのレシピを聞いてるだけで
おいしそうだなあって思えてきました。

是非やってみようと思います。


料理【肉料理美味レシピ】

肉料理美味レシピ

料理の前の肉選び 豚肉編

料理【肉料理美味レシピ】


今回は、豚のモモ肉の選び方です。

豚のモモ肉は、最も料理の利用範囲が広い肉だから
どの部分の肉を買うか迷ったときは、モモ肉を買っておけば
ある程度の料理に対応できます。


さてこの豚のモモ肉ですが、2種類あるのです。


肉食の赤が濃い「外モモ肉」と
肉食がピンク色の「内モモ肉」です。

表示は大抵「モモ肉」としか謳っていないと思いますが、
色を見れば、外モモか内モモかわかります。


ただ、買うなら断然内モモ肉がいい。
外モモ肉よりも柔らかく、ジューシーだからです。


料理【肉料理美味レシピ】

肉料理美味レシピ

料理の前の肉選び 牛肉編

料理【肉料理美味レシピ】


今回も、レシピではなく食材選び、つまり肉の選び方について
ご紹介しましょう。何度もいいますが、いいレシピを手に入れても、
食材が悪ければおいしい料理に仕上がりません。


今回は、牛肉です。
鶏肉は解体処理されてから12時間以内がいいと言いましたが、
牛肉は多少古いほうがおいしいのです。

解体処理されてから、10日ほど経ったものがもっともおいしいといいます。


これはちゃんとした科学的根拠があります。

ここではその説明を割愛しますが、牛肉にこだわる人は
お肉屋さんに、「解体してどのくらい経つの?」と購入前に
たずねてみればいかがでしょうか?


料理【肉料理美味レシピ】

肉料理美味レシピ

料理の前の肉選び 鶏肉編

料理【肉料理美味レシピ】


料理、私の一番好きな料理です。
でも料理となればテンでダメ。
食べること専門です。


今回は、レシピではなく食材選び、つまり肉の選び方について
ご紹介しましょう。
いいレシピを手に入れても、食材が悪ければおいしい料理
仕上がりませんもんね。


まずは、鶏肉
鶏肉は痛みが早い、だから解体処理されてから12時間以内に食べないと
おいしい鶏料理にはならない。

だから購入する前に、その鶏肉の鮮度を吟味した上でないと
買ってはいけない。


どのようにすれば、鶏肉の鮮度がわかるのか?


それは、まず見た目で判断する。
トレーの中に水が出ていたら、その鶏肉は2日は経過している。
こういう鶏肉は買わないほうが無難だ。


次に、触ってみる。
肉が硬めのものは、鮮度が新しい。
逆に柔らかいのは、解体してから日にちが経っている。
鶏肉は硬い肉を選ぼう。



最後にツヤを見る。

新鮮なものは、ツヤがある。
そうでないものは、ツヤがありすぎる。
ここらの見分け方は難しいので、慣れてもらうしかないが、
以上3点を基本に、鶏肉を選べばいいと思います。




料理【肉料理美味レシピ】



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。