おでん美味レシピ

がんもどきに味を染み込ませるには・・・

料理【おでん美味レシピ】


おでんの具は、味が染み込んでいないと美味しくない。


おでん屋で食べるがんもどきは、味がよく染みているのに、
家庭で作ると、どうもってことないですか?


レシピではなく、アイデアで美味しくなるのですがおでん料理
がんもどきの表面を煮る前に、爪楊枝であっちこっち
ブツブツ穴をあけておけばいい。


こうすれば、がんもどきの中まで、味がよくしみこんで
美味しいおでん料理が出来上がります。



料理【おでん美味レシピ】


おでん美味レシピ

おでんに油抜き

料理【おでん美味レシピ】



料理には下ごしらえが大事だといいました。
おでん料理に大事なのは、ちょっとした手間ひまかけることによって、
味が断然ちがってくるということ。

これもそのひとつです。
おでんの具には、油揚げを使ったものがたくさんあります。


ごぼ天、ハンペン、厚揚げなど。

これらをまず油抜きすることが、おでんの味を左右するのです。


油揚げのものをざるにいれ、そこに熱湯をかけるのです。
これだけで、おでんの味が変わってきます。


以前、細木数子さんがテレビでこの油抜きをしていましたね。
あの方の実家は、おでん屋さんをされていたとか・・・

油抜きは、おでん料理には欠かせない下ごしらえです。

おでんをされるときは、是非やって下さい。



料理【おでん美味レシピ】

おでん美味レシピ

おでんに手間ひまを・・・

料理【おでん美味レシピ】



おでんで一番好きなのは何ですか?
私は迷わずダイコンと答えます。


このダイコンですが、下ごしらえをするかしないかで
味がちがってきます。


ダイコンの下ごしらえは、まず2〜3センチに輪切りにしたダイコンの
皮を厚く剥き、面取りして米のとぎ汁で30分煮込みます。


そしてそのあと、1〜2時間水でさらしておいて、臭みを取るのです。

こうすることで、ダイコンの味が格段に違うのです。


レシピの次に大事なもの、それは下ごしらえです。
それによって料理の味がちがってきます。

少しの手間が料理の味を左右するのです。
下ごしらえに手を抜かずに美味しい料理を作っていきましょう。

お試し下さい。



料理【おでん美味レシピ】

おでん美味レシピ

おいしくなる おでんダシレシピ

料理【おでん美味レシピ】



秋が深まってくると、いよいよおでんが美味しくなります。
おでんもちょっと手間をかけるかかけないかで、その味が
微妙に違ってきます。

おでん料理のレシピもさることながら、ちょっとした手間のかけ方などを
ご紹介してまいりましょう。


まずはおでんのだしレシピですが、
普通は、昆布とカツオが基本です。


これに醤油、酒、みりんで味を調えますが、
ここにちょっと、チキンスープの素を加えて下さい。

これでコクが出るのです。
おでん料理はダシが命です。
ぜひお試し下さい。



料理【おでん美味レシピ】


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。