鍋料理美味レシピ

全国鍋料理


寒い季節、温かい食べ物は心も身体もポカポカにしてくれます。


作って楽しい、食べて美味しい
寒い季節の定番料理「鍋」


食物繊維もしっかりとれて、
とってもヘルシーな鍋料理。
日本全国から代表されるものをピックアップしてご紹介しています。


食品のプロがお届けする日本の味。
心も身体も温かくしてくれるレシピ、ぜひお試しください。


無料レポートです。


鍋料理美味レシピ

おでん 入れる順番

料理【おでん美味レシピ】



おでんには入れる順番があります。

これもレシピではなく手順ですが、
まず煮えにくいダイコン、こんにゃく、ジャガイモ(一度茹でたもの)
などを先にいれるのが鉄則です。


厚揚げやつみれなどは後から入れて
食べごろが同じになるようにします。



料理【おでん美味レシピ】

鍋料理美味レシピ

豚しゃぶをおいしくするには・・・

料理【鍋料理美味レシピ】


豚しゃぶをおいしくするためのコツ

同じしゃぶしゃぶでも、牛しゃぶと豚しゃぶでは、
その料理法とレシピがちがう。


どう違うかといいますと、まずレシピは、日本酒を入れること。
日本酒とお水とは、半々かそれ以上にお酒を入れる。


こうして沸騰させてアルコール分を飛ばしたら、豚肉を入れる。
また料理法の違いは、牛肉ではお湯は沸騰させてはいけなかったが、
豚肉はそれほど気を遣う必要はない。


ただ、豚肉の場合、牛肉と違ってレアにならないよう
しっかりと火を通していただきたい。



料理【鍋料理美味レシピ】

鍋料理美味レシピ

しゃぶしゃぶでの注意事項

料理【鍋料理美味レシピ】


しゃぶしゃぶをおいしくするためのコツ

しゃぶしゃぶで、勘違いしてはいけないのが、
お湯、もしくはだし汁を沸騰させてはいけないこと。


料理をみると、これとこれを入れたら美味と、レシピばかりに
こだわっているが、そうではなく、ちょっとしたこと、たとえば火加減
ダシの温度など、このようなことが料理の味を左右するものなのです。


しゃぶしゃぶでいえることは、お湯は決して沸騰させずに、
70〜80度くらいにしておくこと。


それ以上であると、肉の旨みが抜け出し、それにたんぱく質が凝固してしまう。
これでは何にもならない。


温度が上がったときは、野菜などを入れて下げる工夫をしていただきたい。



料理【鍋料理美味レシピ】

鍋料理美味レシピ

すき焼きをおいしく頂くには・・・

料理【鍋料理美味レシピ】


すき焼きをおいしくするための極意パートU

すき焼きはすき煮になっていないか?


肉は煮るのでなく、あくまで焼くということにこだわるすき焼き。
そのためには、肉だけを別のフライパンでサッと焼き、
それからすき焼き鍋に移すということもひとつの料理法です。

どうしても、野菜や豆腐から出た水分により、すき焼きがすき煮になってしまいがち。


そうならないために、肉だけは、別のフライパンで両面を焦がすような感覚で焼いてから、
すき焼き鍋に移すのです。そうすれば肉の旨みを牛肉の中に閉じ込めたまま
料理することになるので、よりおいしいすき焼きを楽しめることになります。


なお余談ですが、すき焼きの必須アイテムに「麩」がありますが、
これは、豆腐や野菜から出た水分を吸い取るための役目があるのです。


すき焼きがすき煮にならないよう、すき焼きレシピだけでなく、
料理法にも気をつけたいものであります。



料理【鍋料理美味レシピ】

鍋料理美味レシピ

おいしいすき焼きをたべる

料理【鍋料理美味レシピ】


すき焼きをおいしくするための極意

すき焼きはすき煮になっていないか?

すき焼きは、関東風と関西風がありますが、
共通点は、牛肉を焼くということ。


でもこのすき焼き、すき煮になっているところが
多いように思います。


すき焼き鍋を熱したら、牛脂を入れて溶かし、
全体に広げたら、牛肉を投入。

ある程度火が通ったところで調理開始。

割り下を入れるときは決して入れすぎないのがコツ。
割り下で煮るのではなく、あくまでからませるという感覚です。


なお、最初に白ネギを入れて、少し焦げ目がついてきたところで
牛肉を入れて料理するのがいい。

この牛肉と白ネギだけで味わえる味は、格別のものがあります。


レシピも大事だが、こういうポイントをおさえておくのが
おいしい料理を頂く上で大切です。



料理【鍋料理美味レシピ】


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。