サラダ美味レシピ

手作りドレッシング

料理【サラダ美味レシピ】


手作りドレッシングがいい

サラダをいただくとき、なくてはならないものはドレッシングです。
まさかドレッシングなしで、サラダを食べる人はいないでしょう。


ドレッシングは市販のものでもいいですが、やはり自分にあったオリジナルなものを
作ってみたいもんですね。


あなたは、ドレッシングは作る派、それとも買う派?


買う派なら、一度作ってみてはいかがでしょう。


参考までに、ドレッシングレシピの定番をご紹介しておきましょう。


まず、サラダ油2に対して、お酢1、そこに、塩コショウ少々。
これが、サラダドレッシングの定番です。


ここに、いろいろなものを加えてあなたオリジナルのドレッシングに
仕上げていくっていうことです。


加えるのものは、たとえば、バジルやローズマリーのような香草を
お酢に2〜3日浸けておくのもいいし、お酢を普通の米酢から
ワインビネガーやバルサミコ酢、フルーツビネガーに変えてもいい。


また、加える香辛料に、にんにくや摺り玉葱、刻みパセリ、青じそ、摺りごまなど
ご自分の好みに合わせて、加えてみればいい。

いろいろ試しながら、あなたオリジナルのドレッシングレシピを完成すればいいでしょう。


料理【サラダ美味レシピ】


サラダ美味レシピ

レタスは手でちぎる

料理【サラダ美味レシピ】


レタスは手でちぎる


サラダに使うレタスだけに限らず、レタスは手でちぎる方がいい。
これはレタス料理では常識です。


1.細胞膜を破壊するので歯切れが悪くなる
2.包丁の鉄の成分で、葉が茶色くなる
3.切り口から旨みやビタミン類が出て行く

など、レタスをおいしく頂きたいのなら手でちぎるのがいい。


料理【サラダ美味レシピ】

サラダ美味レシピ

サラダの野菜は酢で洗う

料理【サラダ美味レシピ】


サラダ料理で重要なポイントは、
レシピよりドレッシングでしょう。

そうお考えのあなた、それだけではないのです。
サラダの切り方、保存法、下ごしらえなどで、
サラダの旨みがグンと変わってくるのです。



それでは、下ごしらえレシピよりご紹介しましょう。

サラダを作る下ごしらえとして、野菜を酢でサッと洗うことをおすすめします。

これは、野菜の色を鮮やかにする作用があるのです。
とくに、キュウリ、ニンジン、パセリなど、色の濃い野菜が色鮮やかに・・・

それと同時に、素材に酢の味がほんのりつくので、サラダの味がよくなります。

ほかに注意すべき点は、サラダに使う野菜は、長時間水に浸さない方がいい。
なぜなら、ビタミンCが水に溶け出すからです。


これらのことを考えて、サラダを作るとおいしいサラダが出来上がりますよ。



料理【サラダ美味レシピ】


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。